鉄拳7のトロフィーリストが公開されたようで

17/06/07発売のPS4ソフト「鉄拳7」のトロフィーリストが公開された。

※参考 外部サイト(英語)

オンライン対人戦必須だが、連勝系のトロフィーは無いようだ。

歴代「鉄拳」シリーズはどれもトロコンが簡単だった。
今回も簡単だろう、と予想しつつも、もしかしたら?と若干の不安を持っていたが、これで安心してチャレンジできる。

ともあれ発売日が楽しみな作品だ。
スポンサーサイト

Tag:日記

【171個目】ARCADE GAME SERIES: PAC-MAN(遂に出たか満点!?)

ARCADE GAME SERIES: PAC-MAN



・ジャンル/アクション
・開発/
・販売/バンダイナムコエンターテインメント
・発売日/2016年4月20日
・税込価格/540円

プレイ時間は3時間
PS4専用。オンライントロフィー「無し」。

■レジェンド中のレジェンド
レトロゲーム界の金字塔「パックマン」。
「迫りくるモンスターを避けながら、画面上に散らばるクッキーを食べる」
たった1行でゲームシステムを完璧に説明できるシンプルなゲーム性。にも関わらず、そのゲームバランスはアクションゲームのひとつの完成形と言って良い。
本作は過去にも何度か移植されてきた初代「パックマン」アーケード版の移植だが、PS4への移植にあたり、トロフィーが搭載された。

■今更説明するまでもないが
そういえば「パックマン」を真剣に遊んだことがあったかな?と思いつつプレイ。
シンプルさとシビアさは紙一重。レトロゲー特有のゲーム難易度に初めは苦戦するも、何度か遊んでいるうちに色々気付くこともあり面白い。
(例えば実はモンスターは色ごとに行動パターンが違っている、とか、今まで知らなかった……)
子供の頃はこの手のレトロゲームは「古いゲーム」として敬遠していたが、大人になってから改めて遊んでみるのも中々良いものだ。

■トロフィーは
500円で「プラチナあり」という破格な設定。
面倒なものも幾つかあるが、実は中断セーブを外部ストレージ、もしくは、オンラインストレージに退避することで、何度でもその場からの挑戦が可能。これによりずいぶん難易度は落ちる。
一回一回ソフトを終了させる必要はあるが、確実な方法なのでオススメ。

■総括
往年の名作が500円で遊べ、しかもお手軽にプラチナが獲れるのだから、文句の付け所がない。
「初のプラチナ有タイトルでの満点」とも思ったが、オールスキップで終わるADVと同じ難度にするのも変だと思い、結果、スキル部分をマイナス1点。

※参考(外部サイト)
ARCADE GAME SERIES: PAC-MAN トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★★★★
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★★★


総合評価 24点 (25点満点)

Tag:トロコンレビュー 短時間 低価格 攻略情報不要 楽しいゲーム♪ PS4専用

【170個目】実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳F 世紀末救世主伝説(最近はパチ系発売されないね)

実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳F 世紀末救世主伝説



・ジャンル/実機パチスロシミュレータ
・開発/サミー
・販売/セガ
・発売日/2012年5月31日
・税込価格/5,544円

プレイ時間は20時間前後
PS3専用。オンライントロフィー「無し」。

■トロフィー初期の作品
パチスロ市場で空前の大ヒットを飛ばした「北斗の拳」シリーズ。
その第3弾「北斗の拳F 世紀末救世主伝説」のゲームシミュレータ。
本作の発売はPS3全盛期である2012年。
当時はブーストゲーと言えるタイトルがまだ数えるほどしか無く(そもそもブーストゲーという言葉自体が無かった)、その中で本作はトロフィーレベルを上げることができる貴重な一本だった。

■パチスロシミュレータという特殊なジャンルにおいて
今でこそパチンコ/パチスロ系のソフトはほとんど見られなくなったが、PS3全盛時には、それなりの数が発売されていた。
ちょうどその頃はPS3のトロフィー機能への認知が広まりつつあった時代。
自分も「パチ系にトロフィー?? きっとトロフィーは簡単に違いない」と関心を抱いたものだったが、実際は各メーカーごとにトロフィー設定がはっきり分かれていて、

1)高速放置やフラグを操作して手軽に取得していくタイプ
2)フラグ操作するとトロフィー取得不可。完全に運に頼る激難タイプ

のように、二極化していていたように思える。
本作は1)の簡単タイプ。
いつかやろうと思っていたタイトルだったが、5年の歳月を経て、遂に手を出してしまった。
(難しいのはパチンコ海物語やエヴァ。当時運要素が余りにもキツく、途中でギブアップした苦い思い出が……)

■トロフィーは
回転数系のトロフィーこそ自力で回す必要があるが、それ以外は高速放置、フラグ管理、セーブ&ロードの繰り返しでほとんど取得可能。
ゲームルールを理解した上でプレイすれば、どれも簡単に獲れる。

気になるトロフィーをいくつか。
・回転数~回転突破
自力でボタンを連打するしかない。連コンを使ってもうまく回らないところを見ると、連コン対策がなされている模様。

■総括
PS3を代表するブーストゲー。トロフィーの簡単さもあり、手軽に遊ぶことが出来るが、パチスロ未経験者はルールの把握に戸惑うかも。
フラグ管理できる時点でもはや「ゲーム」としての性質は無いも同然なので、プラチナ最短取得のための方法を模索する遊び方も面白いかもしれない。

※参考(外部サイト)
実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳F 世紀末救世主伝説 トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 18点 (25点満点)

Tag:トロコンレビュー 簡単 PS3専用

【169個目】ベルセルク無双(真も出るのか?)

ベルセルク無双



・ジャンル/タクティカルアクション
・開発/オメガフォース
・販売/コーエーテクモゲームス
・発売日/2016年10月27日
・税込価格/8,424円 ダウンロード:8,424円

プレイ時間は70時間前後
PS4/PS3/vita共通。オンライントロフィー「無し」。

■無双と人気マンガのコラボ
1989年から連載が始まった漫画「ベルセルク」。
連載開始当時はファンタジー路線の漫画がブームとなり、多く乱立していた時代。
その中で強く打ち出されたダーク路線と叙事詩さながらの壮大な世界観は他の作品とは一線を画す。
結果、読者の心を強く掴むことになり、ダーク・ファンタジーの先駆けとして、連載が続く2017年現在もなお多くのファンが存在する作品である。

■これまで何度かゲーム化されている「ベルセルク」
現行機の高スペックなハード性能を活かし、攻城戦のワラワラ感や、魔物を切り倒しながら突き進んでいく豪快なアクション。
原作と無双が相乗的に作用した結果、これまでゲーム化された「ベルセルク」作品とは異なり、爽快さと重量感が共存する、原作ファンと無双ファンどちらも楽しめるゲームに仕上がっている。

■ストーリーモードだけで良かった
本作で用意されているモードは、原作を追従体験できる「ストーリーモード」と、8人のプレイアブルキャラの中から一人を選び、限られたアイテムをもとにダンジョンをより深く潜ることを競う「無限蝕モード」の二つ。
「ストーリーモード」の感触は良。ストーリーに多少のカットは見られるもの、主人公ガッツが繰り出す重厚なアクションや、それ以外のキャラクターも、原作でのイメージを活かした個性が付けられている。またアニメの挿入等の演出にも凝った部分が見られ、楽しむことが出来た。

■さてトロフィーは
問題は、ランダムに生成されるダンジョンを限られたアイテムで踏破していく「無限蝕モード」。
トロコンのためには、8人のプレイアブルキャラ全てを使い、それぞれ「無限蝕」地下100階まで潜らないといけない。
全キャラ制覇にかかる時間は、1人あたり5,6時間として、トータル40~50時間程度。無双シリーズの中では比較的短時間とはいえ、なかなか辛いものがある。
おそらくトロファー以外のプレイヤーは途中放棄は必定とも言える内容。作業感強めのタイトルだ。

気になるトロフィーをいくつか。
・旋律を極めし者(すべてのBGMを収集した)
「ストーリーモード」「無限蝕モード」、それにストーリーのイベントもすべて見ること。道中のイベントを省略すると埋まらない可能性があるので注意。

・真の解放者(ギャラリーの達成率が100%に到達した)
ベヘリットの回収は、「ストーリーモード」だけでなく「無限蝕モード」を8キャラ全て100階まで潜る必要あり。

■総括
ゲームのボリュームを補うための「無限蝕モード」をどう捉えるかで評価が分かれる作品。やりこみと言えばやりこみだが、本編から使いまわしたダンジョンを延々とめぐるだけの内容は作業感の塊。
「ストーリーモード」自体は非常に面白いだけにプラマイ0と言いたいところだが、もう少し丁寧にやりこみの方向性を考えて欲しい作品だ。
ちなみに私自身、原作は一通り読了しているが、今回は無双シリーズということなので(ある一定の信念)のもとでプレイした側面も付け加えておきたい。

評価(5段階)
プレイ時間 ★☆☆☆☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★★★☆
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 14点 (25点満点)

Tag:トロコンレビュー PS4/PS3/vita共通

【168個目】STEINS;GATE 0(国内版)(vita)(最後に3つ目)

STEINS;GATE 0(国内版)(vita)



・ジャンル/想定科学アドベンチャー
・開発/5pb./ニトロプラス
・販売/5pb.
・発売日/2015年12月10日
・税込価格/Vitaカード: 7,344円 ダウンロード:6,480円

プレイ時間は1時間(オールスキップ)
PS4/PS3/vitaトロフィー別。ついでに、北米版、ヨーロッパ版もすべて別。

■サクっと3周目
PS4版は真面目にクリアしたので、PS3版に続き、サクっとトロコン。
作品自体に対する思いは前回の記事で書いたので、今回は割愛。

■トロフィーは
PS4版とすべて一緒。特筆事項無し。

■総括
PS4版とすべて一緒だが、PS4/PS3版と比べてローディング時間がかなり短い。
タイムアタックをしてみると、その差がわかるかも

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 20点 (25点満点)

Tag:トロコンレビュー 短時間 簡単 攻略情報不要 フリープレイ対象 PS4/PS3/vita別 海外別 PSPlus vita