【189個目】ニトロプラスブラスターズ(これは簡単)

ニトロプラスブラスターズ-ヒロインズインフィニットデュエル-



・ジャンル/対戦型格闘ゲーム
・開発/エクサム
・販売/マーベラス
・発売日/2015年12月10日
・価格/パッケージ通常版:7,549円(税込)パッケージ限定版:13,132円(税込)ダウンロード版:6,469円(税込)

プレイ時間は4時間
トロフィーはPS4/PS3共通。オンライントロフィー無し。PS Plusのフリープレイ対応タイトル。

■登場キャラはよく知らんのですが
PC向けゲームメーカー「ニトロプラス」のタイトルから多くのキャラクターが登場する2D格闘ゲーム。
ゲームを開発したのは「エクサム」。2000年代後半に設立されたゲームメーカーで、「アルカナハート」「デモンブライド」に代表されるように2D格闘ゲームを得意としている。
正直な話、自分は「ニトロプラス」のことはまるで知らない。まるで知らないが、今回は好きな2D格闘ゲームであること以上に、トロフィーが簡単だというトロファーらしい理由でプレイ。

■2000年代以降の格ゲーらしい格ゲー
チープな塗り絵調のドット画が目立つが、中身はコンボ重視のスタイリッシュな格闘ゲーム。
「ギルティギア」を起点に流行したアプローチを守りつつ、手軽に遊べるよう調整されているのはライト層を考慮した結果か。
簡単なコンボに豊富なアシストキャラと、単純でコンパクトにまとまった印象を受ける。

■トロフィーは
トロフィーは全てオフラインで取得可能。
全キャラクターで1回ずつアーケードモードをクリアし、残り不足分のトロフィーをピンポイントで狙う。
CPU戦も難度が低く、A→B→Cの繰り返しだけで良い。
ほとんどのトロフィーはCPU戦もしくはローカル対戦でしか取れないので、2コンがあったほうが圧倒的に楽。
(トレーニングモードでは取得不可なので注意)
条件達成にあたりレシピ不明のトロフィーも何個かあるが、わかってしまえば簡単なので、攻略サイトなりwikiを参照するのがオススメ。

■総括
何と言ってもオンライントロフィーが無いのが素晴らしい。
オンライントロフィーのせいで敬遠されがちな格闘ゲームだが、それが無いというだけで遊ぶ意欲が存分に湧く。
2D格闘の中で同じく簡単だったファントムブレイカーだが、あちらはオントロがあった分、本作のほうがより簡単と言える。
未経験者にも十分に勧められる難易度だ。

※参考(外部サイト)
ニトロプラス ブラスターズ トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★★★☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 19点 (25点満点)
スポンサーサイト

Tag:トロコンレビュー PS4 PS3 フリープレイ対象 ジャンル:格闘 短時間

【雑記】PS4でFF9が緊急リリース



PS4にてFINAL_FANTASY_IX(FF9)が配信開始。
価格は税込みで2,500円。
発表から僅か1~2日でのスピード配信に驚いたプレイヤーも少なくないはず。

さて、クリスタル伝説に回帰を図ったFF9。
以前発売されたFF7と同様、倍速プレイやエンカウント操作といった公式チート機能に加え、トロフィー機能(プラチナ有)にも対応。

自分はオリジナル版(PS1)は一応クリアしてはいる。が、正直なところ、当時の記憶は無いに等しい。というのも、発売日に2~3日徹夜でぶっ通しでプレイしクリアしたためだ。終盤は意識朦朧として、何をどうして遊んだのかほとんど記憶に残っていないのだ。(あの頃は元気だったものだ)

そんなバカな遊び方の中でも強く記憶に残っていることもある。
例えば王女「ガーネット」が改名する一連のイベントだ。
追手から逃げる途中、今の名前のままだと目立つからと名前変更を申し出る「ガーネット」。自分は、この改名イベントはあくまで一時的なものなのだろうと思い、作中にデフォルトで使用されている「ダガー」という偽名を何も考えずそのまま設定した。しかしその後、いつまで経っても元の名前に戻す気配は無く、結局「ダガー」のままエンディングを迎えることになってしまった。

あとから調べて分かったことだが、この罠にはまったプレイヤーは結構いるようだ。
名前を戻す機会が無いとかどんだけイジワル設定なんだよ!と、自分は今でもこの無慈悲さに納得していない。
もしPS4版を遊ぶことがあるなら、次こそはちゃんと「ガーネット」として冒険を進めるつもりだ。
自分の名前に自信を持て、ガーネット!

トロフィーの難易度についてだが、上記の通りほとんど当時の記憶が無いため、リストを眺めてもよくわからない。
ただしネット上の情報を読む限りは相当厳しい模様。これまでFF関連タイトルのトロフィーを集めて来たプレイヤーは注意が必要そうだ。

※参考(外部サイト)
FINAL_FANTASY_IX トロフィー一覧

Tag:雑記

【188個目】新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~(シリーズ原点)

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~



・ジャンル/新約錬金術RPG
・開発/ガスト
・販売/ガスト
・発売日/2013年11月21日
・価格/パッケージ版 7,140円 プレミアムボックス 10,290円 ダウンロード版 6,300円(税込)

プレイ時間は70時間弱
トロフィーはPS3/vita共通。オンライントロフィー無し。PS Nowでプレイ。

■アーランドシリーズの原点をリメイク
2009年にPS3で発売された「ロロナのアトリエ」を大きくセルフリメイクし発売された作品。
「ロロナのアトリエ」はその発売された時期もあり、次作の「トトリのアトリエ」以降から慣例化された「Plus」版が発売されていない唯一の作品だった。本作はその穴となった部分を埋める作品になり、これによりPS3にプラットフォームを移してからのアトリエシリーズはいわゆる「完全版」が全て揃った形になった。(現在進行中の新作は除く)


■ベースはそのままに
アトリエシリーズは「ローランド3部作」全てトロコン済。
本作は「ロロナのアトリエ」のシナリオをベースに、各種システムやグラフィックを後発作品の要素合わせる形に調整。
そのほとんどが改善と言える内容になっていて、全体的に見れば「より遊びやすくなった」というのが素直な印象。
後発作品の要素を取り込んだと言っても、以後の作品でユーザーの負担になった戦闘やアイテム採取での時間経過が無かったり、調合における複雑なルールは採用されなかったり等、内容は極力シンプルになるよう抑えられている。
難易度的には歴代アトリエシリーズの中でも一番やさしく、アトリエシリーズ入門者用としてもオススメできる作品になっている。

本編クリア後の延長戦では、続編作品である「トトリ」「メルル」が登場。
自分も含め、シリーズのファンには嬉しい内容だが、想像していた以上にロロナや他のキャラクターとの絡みが少なかったのが残念。ふたりが参戦する期間も1年と短いため、思ったように育成も出来ず、また育成できたとしてもそれを堪能する場面も少ない。延長戦はあくまでおまけレベルと思ってプレイしたほうが良いだろう。

オリジナル版で多発したフリーズバグが「少なくなった」のは嬉しい。
「少なくなった」という言葉は正確で、本作でも新たなフリーズバグが発生してしまうので注意。
特に王国依頼を受けた直後の一枚絵の後にに多く発生するために、その前にはセーブをしておきたい。

■トロフィーは
各仲間とのエンディングが選択式となり、自由に選べるようになったため、前作のような面倒なフラグ管理が楽になった。
理論上は1周で全てのトロフィーが取得できるが、周回したほうが無難。
その際は1周目は延長戦で極力強い武器・防具を揃えることに努め、2周目以降を全力でプレイすると楽。
延長戦のボス「デーモンロード」は他のボスに比べても圧倒的に強く、周回要素として引き継げる武器・防具だけでは倒せないはず。
1周目はボス撃破は諦め武器・防具を整える期間とし、2周目以降の延長戦のほとんどは「無限メテオール」「天球儀」「風繰り車」「精霊の息吹」といった攻撃アイテムの作成に終始すれば良い。

■総括
前述の通り、未発売であるロロナPlusの穴を補完する形になった作品。
キャラクターのモデリングが後発の作品のタッチに作り直されただけでなく、システムも改善されているため、初めての人にも遊びやすい作りに。
以降の作品の主人公「トトリ」「メルル」が登場するが、特にその作品の知識が無くても楽しめる程度の絡みなので、本作を一番はじめにプレイしても問題は無い。
時間こそかかるが難易度的にはRPGの中でも非常に簡単なので、確実にプラチナを狙って遊びたい人にはオススメできる作品だ。


※参考(外部サイト)
新・ロロナのアトリエ はじまりの物語トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★☆☆☆☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★☆☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 13点 (25点満点)

Tag:トロコンレビュー PS3 vita ジャンル:RPG PSNow