FC2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

tag: ジャンル:アクション  1/3


【240個目】Fate/EXTELLA

Fate/EXTELLA



プレイ時間は60時間
PS4/vita共通。オンライントロフィー無し

■あのFateが無双ゲーに
ノベルゲーから生まれ人気を博した「Fate」シリーズが「無双系」アクションゲームに。
「Fate」の世界観がアクションゲームで表現され、お気に入りのキャラクターをグリグリ自在に動かせるということだけでも、ファンには感涙ものだったろうか。
とは言っても筆者は「Fate」シリーズについてはほとんど無知。
筆者が無双シリーズのファンであることを知った知人に薦められてプレイすることに。

■トロフィーは
視点切り替えや操作性等、ゲームとしてまだまだ粗削りなところがある。
が、プレイ時点で既に続編「EXTELLA Link」は発売していて、多くのプレイヤーが持った不満点は続編で改善されているのだろう。

トロコンまでの流れは
・ストーリー/サブストーリーをEasyで構わないから全てクリア
・お気に入りのキャラクターを一人見つけ、ひたすら育成。全ステージのVery Hardクリア
・ギャラリー埋め
となる。
ギャラリー要素のひとつ「礼装」の取得条件は特定の難易度、特定のステージをクリアすることになるが、この条件完備されている攻略サイトは少なく、複数のサイトを照らし合わせながら進めていく必要がある。

発売当初、出現条件がシビアだったアルトリアも、今はアップデートで緩和されているのでうれしい。

■総括
プレイ時間こそ必要だがゲームとしての難易度は低い。
効率良く遊ぶなら攻略情報は必須。全ステージ全難易度でクリアすればコンプは出来るのだろうが、時間は数倍かかる。
トロコン率が低いのはファン層のプレイスタイルとコンプ条件が噛み合ってないからだろう。


評価(5段階)
プレイ時間 ★★☆☆☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★☆☆☆
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 13点 (25点満点)

スポンサーサイト



  •  0
  •  0


【238個目】戦場のヴァルキュリア リマスター

戦場のヴァルキュリア リマスター



プレイ時間は35時間
PS4専用。オンライントロフィー無し

■初代がPS4でリメイク
「戦場のヴァルキュリア」シリーズの初代タイトルがPS4でHDリマスターとして登場。
戦略シミュレーションとアクションの融合で人気を博すシリーズ。
原点となった「1」が発売された当時はトロフィー機能そのものがまだ世に生まれていなかったが、リマスターとなって生まれ変わったことにより対応することになった。

戦場のヴァルキュリア リマスター_20190710150044
戦場のヴァルキュリア リマスター_20190710145947

■トロフィーは
最低2周クリアが必要。
真面目に遊ぼうとすると難易度はそこそこ高めに感じる。
特に全ステージ難易度Sクリアはステージを何度も周回し、最適解を見つけ出す必要がある。
個人の楽しみ方にもよるが、戦略シミュの醍醐味を全て捨てて、1周目のプレイから攻略サイトをなぞり1回のクリアで一発で評価Sを狙ったほうが効率的。
最後に残るであろう敵1000体撃破のトロフィーだが、簡単な稼ぎ方があるため、特に意識してプレイすることはない。むしろ意識すると攻略の速度が落ちるだろう。

■続編のHD化も期待
ゲームとして秀逸。トロフィーコンプもそれほど時間がかからないのが良い。
PSPで発売された2,3のHD化も期待だ。

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★☆☆
コスパ   ★★★☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★☆☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 16点 (25点満点)

  •  0
  •  0


【193個目】真・三国無双8(良い進化だ)

真・三国無双8



・ジャンル/タクティカルアクション
・開発/オメガフォース
・販売/コーエーテクモホールディングス
・発売日/2018年2月8日
・税込価格/ ディスク:7,800円+税 /ダウンロード:販売価格7,020円+税

プレイ時間は約70時間
PS4専用。Ver1.03でプレイ。オンライントロフィー「無し」。

■さあ来た無双だ!
三国無双シリーズ第8弾。
PS4専売、Pro対応。ゲーム内容が従来のステージ制からオープンワールドに一新された、まさに新「真・三国無双」。
1枚MAPで表現された広大な中国大陸はこれまでにない圧倒的スケール。
各地の戦場を駆け巡し、三国志の世界を追体験しよう。

■これまでにない壮大な三国志ワールド
従来のステージ制からオープンワールドへの変更は英断だと思います。
「三国志」という一連の物語を体験できるという意味では、これまでのどの「三国志」ゲームよりも優れている印象でした。
中国大陸の各地には有名な戦場や要所が忠実に配置されていて、三国志好きならニヤっとするはず。
壮大なMAPはどこか断片的だった旧作には無かった楽しみを与えてくれます。移動しているだけでも飽きることは無いし、これが武将としてあの戦に参加できる、となれば、ファンには嬉しさ満載です。
戦場の大きさもさることながら、例えば堂々とそびえる建造物の大きさにも圧倒されます。
虎牢関戦では、城壁の巨大さや、城門が開いて赤兎馬を駆った呂布が登場してくるシーンには思わず「おお!」と唸ってしまうほどでした。
各戦場では、実は敵の大将に単騎で乗り込んで速攻クリアという進め方もあります。
従ってその道中のミッションを順番にクリアする必要性は無いわけですが、三国志の世界を満喫するというあくまで自己満足的な楽しみ方においては、本当に面白いシステムになっています。

■トロフィーは
特に難しいものは無し。
なるべく雑魚敵を倒すことを意識していけば、10万人斬りもそれほど大変なものではありません。

■総括
賛否あるようですが、個人的にはマンネリ化が続いていたスタイルからの良いモデルチェンジだと思います。
8猛将伝や9もこの路線で貫きつつ、正統進化を遂げていって欲しいところです。
無双シリーズは毎回辛口評価を付けたくなる私ですが、今回は面白さが勝ったことで、いつもよりは評価が高めとなっています。

※参考(外部サイト)
真・三國無双8 トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★☆☆
コスパ   ★☆☆☆☆
スキル   ★★★☆☆
攻略情報  ★★★☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 14点 (25点満点)

  •  1
  •  0