FC2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

tag: ジャンル:格闘  1/3


【191個目】Art of Fighting Anthology(龍虎の拳ですよ)

Art of Fighting Anthology(龍虎の拳 ~天・地・人~)



・ジャンル/格闘アクション
・開発/SNK
・販売/SNK
・発売日/2017年8月29日
・税込価格/ダウンロード版 $15.00

プレイ時間は約10時間
PS4専用。オンライントロフィー「無し」。北米PSN限定配信。国内版は無し(17/10/21現在)

■久々に海外専売タイトルをプレイ
90年代のアーケードゲーム市場を席巻した格闘ゲーム。
その代表的なシリーズのひとつである「龍虎の拳」全3作がカップリングされたタイトル。
先行して海外版がリリースされたので、一足先にプレイすることに。

■PS2版そのまま
PS4での配信だがアケアカシリーズでは無い。その実態は2006年にPS2にて発売された「NEOGEO コレクション 龍虎の拳 ~天・地・人~」そのもの。
要は旧作をPS2アーカイブ的に動かしているだけのようだが、実際にゲームの起動画面では「Play Station2」と表示され、溢れる手抜き感には思わず戸惑いを感じてしまう。
しかし本作は、旧作の移植にも関わらず珍しくプラチナがある。これはプレイせずにはいられない。

至高の名言もここから生まれた

■PS2版なので
ネオジオ初の100メガソフト「龍虎の拳1」。格闘ゲームブームが最高潮に達した94年発売の「龍虎の拳2(以後2)」。そしてそのブームが徐々に下火を迎えつつあった96年発売の「アート・オブ・ファイティング 龍虎の拳 外伝(以後外伝)」。
特に「1」と「2」の人気はブームも相まって大きく、どちらもSFCにも移植され、そちらを遊んでいたユーザーも多いだろう。


「乱舞」の概念を生み出した「1」


シリーズの中で人気No1の「2」

一方で「外伝」の人気・知名度は上記2作に比べると気の毒なほど低い。
格闘ゲームのマンネリ化・高度化が進み、ライトプレイヤーが寄り付かなくなったゲーセンで、「外伝」はひっそりと稼働し、そして消えていった。
他ハードに移植されることすらなかった迷作「外伝」だが、個人的にはなかなか面白いコンセプトの作品だと思っている。
説明するのは難しいのだが、例えるなら2D版「バーチャファイター」と言えば良いだろうか。攻撃でガードを揺さぶり、有利不利を読み、浮かせて高ダメージを奪う。勝敗は2Dゲームとは思えないほど速く決まるが、そのスピード感は紛れも無く3D格闘ゲームのもの。
キャラの性能差が激しく対戦ツールとしてはあまり良い出来ではないが、このシリーズが2、3と続いていれば良作が生まれたに違いない。

もう一息で名作になったに違いない

■トロフィーは
1、2、外伝全て終えてプラチナ1つ。
ネット対戦機能は無し。(PS2版にあったMMBB通信対戦は不可)従ってトロフィーにもオンライン系は無し。
CPUは鬼反応を見せてくるため、攻略にはパターンを覚えるのが必須。(それがネオジオらしい)

以下気になるトロフィーを幾つか
・全般
スペシャルステージとは「2」のギースステージのこと。CPU戦で1ラウンドも落とさずクリアすると最後にギースが登場する。
ラウンドを落としたら2コンで乱入すれば負けが無しになるので楽。

・竜のストーリー、虎のストーリー
最終戦だけ指定のキャラでクリアすればOK。

・その昔メキシコで…(Art of Fighting 3: 全てのプレイ可能なキャラクターでゲームをクリアする。)
シンクレア、ワイラーも対象。

■総括
価格は安く、コンプまでの時間は短め。プラチナ有りのブーストゲー。
一人用を淡々とクリアするだけだが、レトロゲーム固有の超反応&チート級なCPUにはパターンハメが必須。
PSN上でトロフィーリストを見ると「龍虎の拳 ~天・地・人~」と日本語表記になっているので、そのうち国内版もリリースされると思われる。

↑PSNで見ると日本語表記に

※参考(外部サイト)
Art of Fighting Anthology トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★★★★
スキル   ★★☆☆☆
攻略情報  ★★☆☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 18点 (25点満点)

スポンサーサイト



  •  2
  •  0


【189個目】ニトロプラスブラスターズ(これは簡単)

ニトロプラスブラスターズ-ヒロインズインフィニットデュエル-



・ジャンル/対戦型格闘ゲーム
・開発/エクサム
・販売/マーベラス
・発売日/2015年12月10日
・価格/パッケージ通常版:7,549円(税込)パッケージ限定版:13,132円(税込)ダウンロード版:6,469円(税込)

プレイ時間は4時間
トロフィーはPS4/PS3共通。オンライントロフィー無し。PS Plusのフリープレイ対応タイトル。

■登場キャラはよく知らんのですが
PC向けゲームメーカー「ニトロプラス」のタイトルから多くのキャラクターが登場する2D格闘ゲーム。
ゲームを開発したのは「エクサム」。2000年代後半に設立されたゲームメーカーで、「アルカナハート」「デモンブライド」に代表されるように2D格闘ゲームを得意としている。
正直な話、自分は「ニトロプラス」のことはまるで知らない。まるで知らないが、今回は好きな2D格闘ゲームであること以上に、トロフィーが簡単だというトロファーらしい理由でプレイ。

■2000年代以降の格ゲーらしい格ゲー
チープな塗り絵調のドット画が目立つが、中身はコンボ重視のスタイリッシュな格闘ゲーム。
「ギルティギア」を起点に流行したアプローチを守りつつ、手軽に遊べるよう調整されているのはライト層を考慮した結果か。
簡単なコンボに豊富なアシストキャラと、単純でコンパクトにまとまった印象を受ける。

■トロフィーは
トロフィーは全てオフラインで取得可能。
全キャラクターで1回ずつアーケードモードをクリアし、残り不足分のトロフィーをピンポイントで狙う。
CPU戦も難度が低く、A→B→Cの繰り返しだけで良い。
ほとんどのトロフィーはCPU戦もしくはローカル対戦でしか取れないので、2コンがあったほうが圧倒的に楽。
(トレーニングモードでは取得不可なので注意)
条件達成にあたりレシピ不明のトロフィーも何個かあるが、わかってしまえば簡単なので、攻略サイトなりwikiを参照するのがオススメ。

■総括
何と言ってもオンライントロフィーが無いのが素晴らしい。
オンライントロフィーのせいで敬遠されがちな格闘ゲームだが、それが無いというだけで遊ぶ意欲が存分に湧く。
2D格闘の中で同じく簡単だったファントムブレイカーだが、あちらはオントロがあった分、本作のほうがより簡単と言える。
未経験者にも十分に勧められる難易度だ。

※参考(外部サイト)
ニトロプラス ブラスターズ トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★★★☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 19点 (25点満点)

  •  2
  •  0


【P無18個目】幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~(隠れた名作)

幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~



・ジャンル/対戦格闘
・開発/
・販売/SNKプレイモア
・発売日/2016年5月25日
・税込価格/ダウンロード 1,000円

プレイ時間は2時間
PS4/vita共通
PS4版をPS Nowでプレイ。オンライントロフィー「無し」。プラチナ「無し」

■ネオジオ終期の作品
1998年。アーケード(ネオジオ)にて発売された2D格闘アクションゲーム。
「サムライスピリッツ」シリーズと同様の、幕末を舞台にした剣劇アクション。
それまで培われてきたゲームシステムと、習熟されたドット絵。
格ゲーブーム末期に生まれたSNKの集大成とも言うべき出来で、格ゲーの見せ方が「差し合い」から「コンボ」に移行した際のグラデーション部分に位置する作品。



■アケアカではないです
リリースが続いているアケアカシリーズでは無く、本家SNKからの単体発売。
オンライン対戦機能が搭載され、ファンには嬉しい出来。
オリジナル(ネオジオ)版そのままの移植で、オリジナル版で出来たバグ技等もそのまま再現されているのは良い意味で嬉しい。

■トロフィーは
一人用のストーリーモードを隠しキャラを含む全キャラクターを使ってクリアし、最後にタイムアタックモードをちょっとだけ遊べばトロコン。
オンライン対人戦を必要としない点は良。他のSNK作品ではオンライン戦が必要なものが多いので、気軽に手を出せる作品だ。

■総括
幕末という題材に90年代的ノリの厨的要素を盛り込んだ、世間的には隠れた一作。
完成度の割には派手に売れたわけでもないのは悲しいが、格ゲーのエッセンスが詰め込まれ、今遊んでみても十分に楽しめる一作だろう。
トロコンも簡単なので、PS Now加入者は遊んでみてはいかがだろうか。

※参考(外部サイト)
幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~ トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★☆☆
コスパ   ★★★☆☆
スキル   ★★★☆☆
攻略情報  ★★★☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 16点 (25点満点)

  •  4
  •  0