FC2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

tag: 低価格  1/3


【191個目】Art of Fighting Anthology(龍虎の拳ですよ)

Art of Fighting Anthology(龍虎の拳 ~天・地・人~)



・ジャンル/格闘アクション
・開発/SNK
・販売/SNK
・発売日/2017年8月29日
・税込価格/ダウンロード版 $15.00

プレイ時間は約10時間
PS4専用。オンライントロフィー「無し」。北米PSN限定配信。国内版は無し(17/10/21現在)

■久々に海外専売タイトルをプレイ
90年代のアーケードゲーム市場を席巻した格闘ゲーム。
その代表的なシリーズのひとつである「龍虎の拳」全3作がカップリングされたタイトル。
先行して海外版がリリースされたので、一足先にプレイすることに。

■PS2版そのまま
PS4での配信だがアケアカシリーズでは無い。その実態は2006年にPS2にて発売された「NEOGEO コレクション 龍虎の拳 ~天・地・人~」そのもの。
要は旧作をPS2アーカイブ的に動かしているだけのようだが、実際にゲームの起動画面では「Play Station2」と表示され、溢れる手抜き感には思わず戸惑いを感じてしまう。
しかし本作は、旧作の移植にも関わらず珍しくプラチナがある。これはプレイせずにはいられない。

至高の名言もここから生まれた

■PS2版なので
ネオジオ初の100メガソフト「龍虎の拳1」。格闘ゲームブームが最高潮に達した94年発売の「龍虎の拳2(以後2)」。そしてそのブームが徐々に下火を迎えつつあった96年発売の「アート・オブ・ファイティング 龍虎の拳 外伝(以後外伝)」。
特に「1」と「2」の人気はブームも相まって大きく、どちらもSFCにも移植され、そちらを遊んでいたユーザーも多いだろう。


「乱舞」の概念を生み出した「1」


シリーズの中で人気No1の「2」

一方で「外伝」の人気・知名度は上記2作に比べると気の毒なほど低い。
格闘ゲームのマンネリ化・高度化が進み、ライトプレイヤーが寄り付かなくなったゲーセンで、「外伝」はひっそりと稼働し、そして消えていった。
他ハードに移植されることすらなかった迷作「外伝」だが、個人的にはなかなか面白いコンセプトの作品だと思っている。
説明するのは難しいのだが、例えるなら2D版「バーチャファイター」と言えば良いだろうか。攻撃でガードを揺さぶり、有利不利を読み、浮かせて高ダメージを奪う。勝敗は2Dゲームとは思えないほど速く決まるが、そのスピード感は紛れも無く3D格闘ゲームのもの。
キャラの性能差が激しく対戦ツールとしてはあまり良い出来ではないが、このシリーズが2、3と続いていれば良作が生まれたに違いない。

もう一息で名作になったに違いない

■トロフィーは
1、2、外伝全て終えてプラチナ1つ。
ネット対戦機能は無し。(PS2版にあったMMBB通信対戦は不可)従ってトロフィーにもオンライン系は無し。
CPUは鬼反応を見せてくるため、攻略にはパターンを覚えるのが必須。(それがネオジオらしい)

以下気になるトロフィーを幾つか
・全般
スペシャルステージとは「2」のギースステージのこと。CPU戦で1ラウンドも落とさずクリアすると最後にギースが登場する。
ラウンドを落としたら2コンで乱入すれば負けが無しになるので楽。

・竜のストーリー、虎のストーリー
最終戦だけ指定のキャラでクリアすればOK。

・その昔メキシコで…(Art of Fighting 3: 全てのプレイ可能なキャラクターでゲームをクリアする。)
シンクレア、ワイラーも対象。

■総括
価格は安く、コンプまでの時間は短め。プラチナ有りのブーストゲー。
一人用を淡々とクリアするだけだが、レトロゲーム固有の超反応&チート級なCPUにはパターンハメが必須。
PSN上でトロフィーリストを見ると「龍虎の拳 ~天・地・人~」と日本語表記になっているので、そのうち国内版もリリースされると思われる。

↑PSNで見ると日本語表記に

※参考(外部サイト)
Art of Fighting Anthology トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★★★★
スキル   ★★☆☆☆
攻略情報  ★★☆☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 18点 (25点満点)

スポンサーサイト



  •  2
  •  0


【P無19個目】ドラゴンクエスト(無料版)(面白い試みですね)

ドラゴンクエスト(無料版)



・ジャンル/RPG
・開発/
・販売/スクウェア・エニックス
・発売日/2017年8月10日
・価格/無料(ドラゴンクエスト11クリア特典。要:PSN接続)

プレイ時間は4時間
PS4専用。オンライントロフィー「無し」。DL専用。

■1度目の冒険へ
国民的ゲーム「ドラゴンクエスト」の第1作目がPS4に移植。
ドラクエ11の発売直後にロト・シリーズ3部作(1,2,3)の移植が発表。
その先行リリースという形で、ドラクエ11の購入者(裏ボス撃破のセーブデータが必要)を対象に、クリア特典として「ドラクエ1」を先行DL出来るという、粋なサービスが行われた。

■ロト伝説・第1章
スマホ版をベースに、画面を16:9に対応。
移植にあたり、キャラとモンスターは新たに書き直されているが、背景は元のまま。せっかく書き直した絵が浮いているように見えるのが残念。
中断セーブが出来、ゲーム自体もSFC・スマホ版そのままで特に変更点は無いので、経験者ならすぐにクリア出来る。






定番の


竜王退治にはローラ姫も強制参加

■トロフィーは
普通にクリアすればトロコン。
ローラ姫の救出やロト装備の収集は達成しなくてもクリアできてしまうが、見逃すことはほぼ無いだろう。

■総括
クリアのおまけでDL可能という面白い試み。
クリアセーブさえあれば中古パッケージでもDL可能。
ダウンロード期限は2018年1月28日までなので、気になる人はお急ぎを。
なお、8月10日に通常配信された有料版とは別トロフィー扱いだが、無料版をDLしているPSNアカウントでは有料版を購入出来ないようになっているので注意。
おそらく本体内に別アカウントを作成して購入し、その後本アカウントに切り替えてプレイすれば両トロフィー取得可能だと思われるが、未検証。

※参考(外部サイト)
ドラゴンクエスト(無料版) トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★☆☆
コスパ   ★★★★★
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★★☆


総合評価 22点 (25点満点)

  •  0
  •  0


【179個目】ブリッジコンストラクター(橋好きトロファーにオススメ←そんな人いるの?)

ブリッジコンストラクター



・ジャンル/コンストラクション
・開発/
・販売/レイニーフロッグ
・発売日/2017年6月16日
・税込価格/ダウンロード:1,000円

プレイ時間は20時間
PS4/vitaトロフィー共有タイトル。オンライントロフィー「無し」。

■遂に家庭版発売
海外製の建造シミュレーションゲーム。
タイトルが示す通り「橋を建設する」だけのゲーム。
海外/PC版は数年前に発売済で、遂に国内PS4版でのダウンロード販売が始まった。
橋を建設するだけのゲームのどこが面白いんだ?という意見もごもっともだが、シミュ好きとしてはローカライズを楽しみに待っていた作品だった。

Bridge Constructor_20170616203952

■ゲーム内容をざっと
ゲーム内容はいたってシンプル。
各ステージごとに、遮断された二点を橋を建造し車両を通過させる、というもの。
ステージには予算が設定されていて、使う建材ごとに価格が設定されている。
予算内に橋を造れればステージクリアだが、少ない予算で造るほど高評価となり、スコアアタックのようなことも楽しめる。
使用できる建材は「木材」「鉄鋼」「コンクリートの柱」「ワイヤーケーブル」の4種類。
使い所と予算を考えながら、自分なりの独創的な橋を造ることができる。


■ゲームを通じて学んだこと
以下、参考に画像を載せてもらったが、全てゲーム内で再現できることが出来ることに、製作者の知識とこだわりを感じる。

参考

アーチ橋、吊り橋、斜張橋。
ゲームを通じて、普段何気なく見ていた橋には様々な種類があって、どれもが緻密な物理計算で建造されていることがわかる。

Bridge Constructor_20170616204011
これはトラス橋、ってことかな。

■トロフィーは
全ステージクリア×2周必須。
1周目は全ステージを車両に「トラック」を選択し、クリアする。その間に各島ごとに1回ずつ車両「乗用車」を選択して、専用トロフィーを獲る。
全ステージをクリアすることでステージごとの予算が追加。更に重い車両「タンクローリー」を選択できるようになるので、「タンクローリー」を選択し、再び全ステージクリアする。
その時点でほとんどのトロフィーが自然に獲得できているので、残ったものをピンポイントで獲っていくと良い。

実際、攻略動画等を見てしまえば、それをなぞるだけですぐにクリア出来てしまう。
ゲームの工夫と創造を楽しむ醍醐味は完全に薄れるので、プレイヤーの選択次第といったところか。

気になるトロフィーをいくつか。
・大空高く(車両が5ユニット以上空中を飛んだ。)
2周目以降。タンクローリーが落下したときの爆発を利用すれば楽。

・エコノミスト(予算25,000以上余った状態で、トラックを支えられる橋を建設する。)
東ティルティン島。ブリッジ7がやりやすい。

■総括
橋に対するイメージが変わるタイトル。
今まで何気無く見ていた橋をじっくりと観察してしまいたくなる、そんな作品だ。
トロフィーは攻略をなぞれば簡単で、かつ、ダウンロードで1000円という低価格。
間違いなくブーストと言えるだろう。

※参考(外部サイト)
BRIDGE CONSTRUCTORトロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★☆
コスパ   ★★★★★
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★☆☆☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 18点 (25点満点)

  •  0
  •  0