FC2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

tag: 攻略情報不要  1/12


【P無21個目】ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…(そして疲れた…)

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…



・ジャンル/RPG
・開発/スパイク・チュンソフト
・販売/スクウェア・エニックス
・配信日/2017年8月24日
・価格/1,500円(税抜)/1,620円(税込)

プレイ時間は9時間
PS4専用。オンライントロフィー「無し」。DL専用。

■3度目の冒険へ
国民的ゲーム「ドラゴンクエスト」の第3作目がPS4で登場。
シリーズ屈指の名作でオリジナルのFC版は様々な社会現象を引き起こし、マスコミに大きく取り上げられるほど。
TVゲームとしては異例の加熱ぶりはゲーム史を塗り替えた偉大な事績となった。本作は「ドラゴンクエスト」シリーズの人気に留まることなく、ゲームそのものの社会的な評価、認識を大きく変えるきっかけとなったとも言える。

■ロト伝説・第3章
作品の完成度はいまさら言うまでもない。
TVゲーム黎明期におけるゲームの完成形の在り方として、ゲーム内で体験するもの全てが鮮烈かつ衝撃的で、面白さに溢れていた。
物語の最後に明かされる謎も、壮大な勇者ロト伝説の結末としてプレイヤーの心に揺り動かす重要な要素である。
自分の中でも思い入れのあるタイトルのひとつで、「RPG」の面白さは本作で初めて味わったと言っても良い。当時は攻略本や関連雑誌を穴の開くほど読みふけたものだった。

■何度でも遊んでしまう作品
オリジナルのFC版をベースに大きく見直されたされたSFC版。それ以降のGBC,携帯アプリ、wii,スマホと、これまで何度も移植されてきた「ドラクエ3」。お気に入りの本を繰り返し読むうに、移植されるたびになぜか遊んでしまう。それがドラクエ3の面白さだ。
PS4版はスマホ版をベースに、画像を16:9に対応。キャラクターやモンスターを改めて掻き直している。
モンスターはドット絵ではなくマンガのような1枚絵。残念ながらSFC版のようなモンスターのアニメーションは無い。
キャラクターに対してマップがより広範囲で表示されるため、例えば世界樹の葉の交差ポイントが一画面に収まるようになっている。
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…_20170824141441

■トロフィーは
基本はストーリーの進行とともに取得でき、裏ボスの神龍撃破の時点でトロコン。
「オルテガをいきかえらせる」は、神龍のはじめの願い(35ターン以内に撃破)で選択すれば良い。

■好きなゲームなのでいつもより長く書かせてもらいます
トロフィー機能搭載ということもあり、せっかくなので今回は簡単にタイムアタックをしてみた。

※以下はタイムアタックの簡易報告なので、今更興味無い方は飛ばしてください。

PS4版はスマホ版と同様、中断セーブが実装されている。そのためエンカウントの調整や戦闘から逃げるの成否等のシビアなプレイは回避できるため、精神的にはかなり楽なものになっている。

パーティには早解き定番の勇者、戦士、盗賊、魔法使いを選択。
特にSFC版以降追加された職業「盗賊」は「しのびあし」というエンカウント率を減少させる特技を習得するため、タイムアタックには重宝するメンバーとなる。

■船入手まで
アリアハン→レーベ→ナジミの塔(とうぞくのカギ)→ロマリア→アッサラーム→イシスの最短経路。
ピラミッド攻略の目標Lvは4~5。武器防具の購入は一切無し。薬草を多めに持ちつつ、戦闘は逃げ重視。
というのはガチの場合の話だが、今回は中断セーブを使えるので、もっと楽に攻略できた。
ピラミッドとイシスの城で回収した高額アイテムは全売却。得た資金で装備を整え、ポルトガの城では[はがねのむち]を2つ購入し勇者と盗賊が装備。これはSFC版以降の定番攻略で、[はがねのむち]は高威力かつグループ攻撃できる超優秀武器になっている。
適当に戦いながらシャンパーニの塔方面へ。魔法使いがスカラ習得でカンダタ1回戦目。
バハラタ方面に直行し、スクルト習得でカンダタ2回戦目。船を入手。
ちなみにドラクエ3の魔法は、特定のレベルに達した以降、レベルアップのたびに1/2の確率で習得する。
場合によってはレベルアップ直前でリセットの繰り返しも良い。
そういえば大昔、FC版ドラクエ3を遊んでいた際。僧侶がバギクロスを覚えた直後、飼ってた猫がFC本体を蹴飛ばし、バグってフリーズしたことがあった。恐る恐るリセットをすると幸いセーブデータは無事だったが、以後どれだけレベルを上げてもバギクロスを覚えてくれない異常事態が発生したことがある。あの現象は何だったのだろうか。

※この時点で開始から1時間10分程度

■ラーミア復活まで
ランシール→エジンベアと向かい、かわきのつぼを入手。ダーマ→ジパングと経由し、さいごのカギも入手。
スーに向かい、[いかずちの杖]を回収。これはベギラマ習得までの重要なダメージソースとなる。
スーで[どくがの粉]を買えるだけ買い、ガルナの塔でメタルスライム狩りを敢行。盗賊をLv20まで一気に上げ、賢者に転職させる。
6つのオーブ回収の途中、火力不足になり魔法使いも転職させることに。戦士と武道家で悩むが、結局戦士を選択。(実はこの選択が後に失敗となる)
サマンオサで装備を整える。ボストロールはマホトーンとスクルトで突破。
ネクロゴンドの洞窟の[いかずちの剣]と[やいばのよろい]も回収。ここではぐれメタルを倒せると以後楽になるのだが、残念ながら遭遇すらしなかった。

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…_20170824144311


※この時点で開始から3時間40分程度

■バラモス攻略
バラモス撃破に手間取る。(バラモスの行動パターンを毎回忘れてしまう)
バラモスはボスながらマホトーン、ルカニ、ラリホーが全て有効な相手。中断セーブもあるため、1,2ターンで決まらなかった場合はリセット。ラリホー(ねむりの杖も併用)はすぐに切れるため、メンバーの中でひとりは常にラリホー要員としておく。3度目の挑戦で撃破。
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…_20170824151050

※この時点で開始から4時間程度

■ゾーマ攻略。
アレフガルドでは最短経路で行動。
ここから重要になってくるのは回復手段。ゾーマ城の[賢者の石]入手前に有効な回復手段はマイラの町で売っている[けんじゃの杖]。道具として使用するとベホイミの効果があり、魔法が使えないメンバーにも回復手段を持たせることが出来る。例レベルクリアでは非常に効果的なアイテム。
[王者の剣]、[光の鎧]、[勇者の盾]を揃え、ゾーマ城に突撃。
[賢者の石]と[光のドレス](神龍戦で重要)も回収。
ゾーマはルカニが有効。いてつくはどうの度にルカニを掛け直す。ゾーマは一発で難なく撃破。
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…_20170824161620

※この時点で開始から5時間程度

■神龍攻略
いつもドラクエ3で遊ぶときはゾーマ撃破で満足して終えるため、神龍戦をそれほど真剣に考えていなかった。
そのためここで神龍35ターン以内撃破に手間取り、大幅な時間ロス。
はぐれメタル狩りに時間費やすハメになったが、ここで会心の一撃の発生率が高い武道家がパーティにいないのが悔やまれる。
神龍までタイムアタックをする場合は戦士より武道家が良い。
賢者がメラゾーマを覚えるLv36までレベル上げ。
神龍戦は、[戦士]→攻撃、[戦士(元・魔法使い)]→けんじゃの杖orバイキルトを戦士、[勇者]→賢者の石orベホマズン、[賢者]→メラゾーマをルーチンとして攻略。
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…_20170824193949

結局神龍を35ターン以内に撃破できたのは、開始から9時間経過後。
神龍用のレベル上げが大きな時間ロスになってしまった。

■総括
クラシックなRPGのスタイルを今に伝える作品。
FC版ではなく、SFC版準拠のRPGというジャンルが世に認知された後のゲームバランスで調整されているため、今遊んでも十分に面白い。
価格が微妙に高いだけに、プラチナが無いのは残念なところか。
この調子で天空シリーズ(4~6)の移植も期待したい。

※参考(外部サイト)
ドラゴンクエストIII そして伝説へ… トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★☆☆☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★★★


総合評価 19点 (25点満点)

スポンサーサイト



  •  4
  •  0


【186個目】絶対迎撃ウォーズ(ストーリーがいまいち)

絶対迎撃ウォーズ



・ジャンル/都市防衛アクション
・開発/
・販売/アクワイア
・発売日/2015年7月2日
・価格/ディスク:6,999円(税込) ダウンロード:6,400円(税込)

プレイ時間は30時間
PS3/vita共通。PS4版は別トロフィー扱い。オンライントロフィー「無し」。PS Nowでプレイ。

■都市を守るのだ
襲来する巨大モンスターから世界各地の都市を守る、タワーディフェンス型のアクションゲーム。
3層から構成される都市に居住区や兵器といったユニットを配置し、都市の発展と防衛のバランスを図るシミュレーションゲーム的要素を含んでいるのも特徴。





■ストーリーがちょっと
タワーディフェンスに都市育成のハコニワ的要素がMIXされたゲームシステムは良。
ただし、肝心のストーリーが単調。非モブキャラの数は多いものの似通ったキャラクターが多く、その個性に差が無い。正直なところ、ストーリーを進める上ではキャラ数の必要性をほとんどあまり感じなかったのがやや残念。
また、ネタバレになるが、モンスターとの戦闘がどう決着なったのか結論がはっきりしないままエンディングを迎えるためモヤモヤが残ってしまう。
また都市や兵器が充実してくるのがストーリークリア後になるため、トロコンに必要な要素を満たすためのモチベーションを保つには作業的に進める必要がある。作業耐性の無い人は注意が必要。

■トロフィーは
時限要素は無し。
スキル依存な面はほとんどなく、プレイ時間の絶対量があればトロコン可能。
特筆するトロフィーも無く、ストーリーをクリアする時点でほとんどのトロフィーが取得できるはず。
トロフィーのバランス的には良い設定だ。

■総括
ストーリーは釈然としないものの、タワーディフェンスゲームとしてはまずまずな出来。
序盤こそ操作が忙しく感じるが、戦力が充実してくる中盤以降はコントローラー放置で乗り切れることも。シミュ好きが求めるオレつえーな自己満足を得ることができるので、達成感もそれなりにある。
面白い!と絶賛できるゲームでは無いが、PS Nowでプレイ出来る作品の中では比較的良作か。


※参考(外部サイト)
絶対迎撃ウォーズトロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★☆☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 18点 (25点満点)

  •  0
  •  0


【185個目】DUNAMIS 15(THE・ブースト)

DUNAMIS 15



・ジャンル/サスペンス・フィクションアドベンチャー
・開発/5pb.
・販売/5pb.
・発売日/2011年9月15日
・税込価格/通常版 7,140円 数量限定版 9,240円

プレイ時間は3時間
PS3専用。オンライントロフィー「無し」。PS Nowでプレイ。

■5pbのADV
5pb発。2011年に発売されたADV。
孤島の学園でありきたりな学生生活を送る主人公だが、ある猟奇的な事件を境にその生活は一変。
暴走する「クローン技術」研究。
血と狂気の世界で主人公たちのたどる結末は。



■ゲーム自体はシンプルでした
シナリオは良。エロや流血等の微グロ要素があるので気になる人は注意。
以前紹介した「DISORDER 6」同様、複雑な分岐がほとんど無い直進多めのゲーム。
もちろん選択肢はあるが、元のシナリオに収束、もしくはBAD ENDになり、複合的なフラグ管理が不要。
自力で簡単にコンプできる作品だ。

■トロフィーは
時限要素は無し。
攻略情報をなぞるも良し。自力で攻略しても良し。
なお、クリア特典で担当声優たちのフリートークが聞けるが、これを省略せず全て聞くことで取得できるトロフィーがある。

■総括
他ADVと同様、文句無しブーストゲー。
PS Nowでも配信されているので、加入者は忘れず遊んでおきたい作品だ。

以下はおまけ画像。気になる人だけクリック。


※参考(外部サイト)
DUNAMIS_15トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 20点 (25点満点)

  •  0
  •  0