FC2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

tag: 海外別  1/2


【168個目】STEINS;GATE 0(国内版)(vita)(最後に3つ目)

STEINS;GATE 0(国内版)(vita)



・ジャンル/想定科学アドベンチャー
・開発/5pb./ニトロプラス
・販売/5pb.
・発売日/2015年12月10日
・税込価格/Vitaカード: 7,344円 ダウンロード:6,480円

プレイ時間は1時間(オールスキップ)
PS4/PS3/vitaトロフィー別。ついでに、北米版、ヨーロッパ版もすべて別。

■サクっと3周目
PS4版は真面目にクリアしたので、PS3版に続き、サクっとトロコン。
作品自体に対する思いは前回の記事で書いたので、今回は割愛。

■トロフィーは
PS4版とすべて一緒。特筆事項無し。

■総括
PS4版とすべて一緒だが、PS4/PS3版と比べてローディング時間がかなり短い。
タイムアタックをしてみると、その差がわかるかも

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 20点 (25点満点)

スポンサーサイト



  •  0
  •  0


【167個目】STEINS;GATE 0(国内版)(PS3)(続いて2つ目)

STEINS;GATE 0(国内版)(PS3)



・ジャンル/想定科学アドベンチャー
・開発/5pb./ニトロプラス
・販売/5pb.
・発売日/2015年12月10日
・税込価格/パッケージ版:8,424円/ダウンロード版:7,560円

プレイ時間は1時間(オールスキップ)
PS4/PS3/vitaトロフィー別。ついでに、北米版、ヨーロッパ版もすべて別。

■サクっと2周目
PS4版は真面目にクリアしたので、PS3版はレベル上げ要員。
同作機種別トロフィーをやるのは久々かも。
作品自体に対する思いは前回の記事で書いたので、今回は割愛。

■トロフィーは
PS4版とすべて一緒。特筆事項無し。

■総括
PS4版とすべて一緒だが、PS4版と比べてローディング時間がほんの少しだけ長いかも?

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 20点 (25点満点)

  •  0
  •  0


【166個目】STEINS;GATE 0(国内版)(PS4)(まずは1つ目)

STEINS;GATE 0(国内版)(PS4)



・ジャンル/想定科学アドベンチャー
・開発/5pb./ニトロプラス
・販売/5pb.
・発売日/2015年12月10日
・税込価格/パッケージ版:8,424円/ダウンロード版:7,560円

プレイ時間は8時間(スキップ無し)
PS4/PS3/vitaトロフィー全て別。ついでに、北米版、ヨーロッパ版のPS4/vita版も全て別。

■続編出すかね
5pb.が手掛ける科学アドベンチャーシリーズ最大のヒット作「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」の続編。
第一作目の「STEINS;GATE」は緻密な構成と衝撃的な物語により、大きな話題を呼んだ名作。
アドベンチャーゲームとしては異例の大ヒットを飛ばし、各種メディアにスピンオフとなる作品群が次々と展開されたことからも、その人気の大きさを読み取ることができる。

■「正統続編」とは?
物語としての「STEINS;GATE」は事実上第一作目で完結し、ハッピーエンドを迎えている。
これまで何度か発売された続編は、あくまで本編のシナリオから逸脱した、言わばファンサービスとしての意味合いが色濃い作品群だった。
さて、今作は「正統続編」と銘打って発売された作品。
ハッピーエンドを迎えた作品に正統続編とはこれ如何に?と思うわけだが、簡単に言ってしまえば、「本編で主人公がハッピーエンドにたどり着くことが出来なかった世界」の続編。である。

STEINS;GATE 0_20170514165622
新キャラだけでなく、新たに声をあてられたキャラも

■ネタバレになるので細かくは書けないが
そもそも自分は初代「シュタゲ」の結末があり、その上での「正統続編」というやり方に懐疑的だった。
実際にプレイして思ったのは、「強引にひと捻りした」ような、無理やり感。

大胆かつ緻密な物語の展開、伏線回収、結末に向けて物語が一挙に収束を迎えていくときの疾走感。第一作目で評価された、推理小説を読んでいるような緊張感とそれに伴う開放感は、本作ではほとんど見られない。本作にたちこめているのは、ヒロインを失った主人公の悲哀、避けられない世界の滅びを直面した絶望といった負の空気であり、ユーザはその暗鬱とした気持ちに終始戸惑いながらのプレイを最後まで強いられる。
もちろんそれが作り手側の意図であり、本作に込めた想いなのかもしれない。
しかし、第一作目と同様の満足を得ようとしたユーザにとっては、やはり納得の出来ない作品だったのではないかと思われる。
(まあ、そもそも過剰な続編ものに素直に賛同出来ない、自分の性格もあるわけだが)

それと未回収要素が多々あることも注意。
「続編の続編」も視野に入れているのだろうか……。


■トロフィーは
トロフィーとなれば評価は一転。非常に素晴らしい出来。
歴代シリーズ同様、未読オールスキップを搭載。アドベンチャーらしく難易度は易しく、しかも各ハード(PS4/PS3/vita)ごとにすべて別トロフィー。オールスキップした場合、トロコンまでかかる時間は約1時間、という文句無しの、お手本的ブースト作品。
2017年5月のフリープレイで全ハード一斉フリプ配信済なので、時間があればぜひ取得しておきたい作品だ。
ルート分岐の転機は、ゲーム上で確認が出来ないのがやや不便。自力で攻略していく場合は

なお、PSNでの表示では、PS4版は、PS4/PS3/vitaと表示されてしまうが、これは誤表示であり、PS3とvitaはちゃんと別トロフィー扱いである。

ちなみに、北米版(PS4/vita)とヨーロッパ版(PS4/vita)もすべて別トロフィー。ダメ押しというやつで更に獲ってみても面白いかも。

■総括
売り方から既に懐疑的だったため、シナリオについてどうこうという以前に、色眼鏡で見てしまい素直にプレイできなかったのかもしれない。
トロフィー的には文句の付け所がない名作で、数を稼ぎたいトロファーにとっては必須な作品だろう。

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★★
攻略情報  ★★★★★
面白さ   ★★★☆☆


総合評価 20点 (25点満点)

  •  0
  •  0