FC2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

category: Birthdays the Beginning  1/2


Birthdays the Beginning 速回し方法

Birthdays the Beginning 速回し検証



<トロフィー>
時の奔流に乗って
(総キューブイヤーが100億年を超えた。)

の達成の方法について、検証した結果を記載。

(1)正攻法
フリーモード、キューブサイズMini
L2で早回しするとLvMAX前提でHP9999消費するのに35分ほどかかる。
つまり35分に1度、L2ボタンを押し、早回しを仕掛ける必要が出てくる。
試したところ、ゲーム上で1億年経過させるためには6時間必要。
つまり100億年達成には600時間かかる計算。

結果
非現実的。却下。


(2)連コン放置
フリーモード、キューブサイズMini
■使用コントローラー
ホリパッドFPSプラス for PS4
連射機能: 5回/秒 12回/秒 20回/秒 の3種類

利点:
L2オート連打によって、HPを消費した時点で直ぐに早回しを仕掛けなおすことができる。
a)20回/秒で放置した場合
 L2放置した場合より、気持ち時間経過が速い。(30分でHP9999消費)
 1時間放置したあたりで、エラーを吐いてゲームが落ちる。

b)5回/秒で放置した場合
 L2放置した場合より、時間経過が遅い。(1時間でHP9999消費)
 4~5時間放置したあたりで、やはりエラーを吐いて落ちる。

結果
①連射速度を落とせば放置できる時間が長くなる
が、4~5時間で落ちるようでは、意味が無い。(一般的な社会生活が送れない...)

②20回/秒連打でも思った以上に速度が出ないことから、L2で早送りON/OFFを切り替える場合、プログラム側でスリープ処理のようなものを入れて過剰な連射を抑止している?

③エラーで落ちるまでの時間と連射速度には関係がありそう。
(L2関連の処理がスタックオーバーフローを起こしているとしか...)


(3)連コン放置 その2
落ちるまでの時間を長引かせる方法は無いか模索。
試しに一番シンプルな環境(NewGame開始直後)で開始して、L2連打で放置してみる。
すると、HP0→1→0が高速で繰り返され、何故か一気に時代が進むことが判明。

結果
通常のL2早送りが1億年6時間に対し、この方法だと1億年1時間弱。
100億年100時間弱となり、幾分現実的。

推察
①HPの回復速度は...
LvMAX(HP9999)では、HP30ずつ回復している。
Lv1(HP50)では、HP1ずつ回復している。
つまり回復量は最大HPに対する割合で決まっている。

②HP0⇔1の間は、(2)の②で書いたスリープ処理が入っていない。
つまり連打した分だけ年数経過される。

つまり①②の2つの要因が合ったときに、奇跡的な高速時代経過ができる模様。

ということで、NewGameで放置して、エラー吐かないか実験。
連コンの速度は20回/秒。
12時間程度で10億年経った時点でゲームオーバーになるが、ちゃんと経過年数はシステムセーブされていたので問題無し。
いったんタイトルに戻され、引き続き2度目の放置に入ったところ、2~3時間でエラー落ち。
ということは、タイトル画面に戻っても、内部のスタックエリアは汚れたままと想定。

じゃあ一度キレイにしてみましょうということで、10億年経ちゲームオーバーになった時点で、PS4の電源を落とし、内部的にキレイな状態で2度目の放置を仕掛けてみる。
結果、2度目の放置も無事成功!


結論!!
Birthdays the Beginning 速回し手順
1)NewGameを選択。植物プランクトン発生した直後からL2連打で放置(連射速度は20か12。5はちょっと経過が遅い)
 注)少しでも処理を軽くするため、動物プランクトンを発生させない。そのためある程度海を埋めておく。
2)10時間超で10億年経過しGameOverになる。システムセーブされタイトルへ
 注)途中セーブ不可。セーブ可能になるのはストロマトライトをキャプチャ後だが、Lv(最大HP)が上がり、放置効率が激減するためNG
3)PS4電源OFF/ONで再起動。※重要!! 1)へ戻る

10時間で10億年として、100時間放置で100億年の計算。
就寝前や出社/通学前に1)を仕掛けてから出掛けると効率的でしょう。

スポンサーサイト



  •  2
  •  0


Birthdays the Beginning (3日目)(実は鬼だった...)

No image

PS4 「Birthdays the Beginning」を継続中。

全生物キャプチャは「進化の種」「変異の種」をバシバシ使って無事終了。(種は節約する必要無し。最終的に大量に余る)

チャレンジモードも無事終了
※攻略メモはこちら

残されたトロフィーは
「10億年経過」「100億年経過」「フリーモードで5億年経過」の3つ。


なんとこれがとんでもない鬼畜設定・・・

試しに、ゲーム内で1億年経過させるための時間を計測。

結果、どれだけ速く頑張ってもだいたい6時間かかることが判明。

ってことはですよ。
100億年経過させるためには

6時間(1億年)×100 = 600時間 = 25日

25日?

25日か。。。

25日間、PS4放置か。。。

25日間、PS4の電源つけっぱで放置ねぇ。。。。。。





誰だこんなトロフィー考えたのは!!

  •  2
  •  0


Birthdays the Beginning (2日目)(一気に飛ばす)

PS4 「Birthdays the Beginning」を継続中。

●2章 生命大発生時代

生命が海から地上へ進出。
種が爆発的に発生する時代へ。
Birthdays the Beginning_02-02

Birthdays the Beginning_02-01


●3章 大恐竜時代と人類の祖
徐々に地上を寒冷化。恐竜から哺乳類の時代へと。

哺乳類の進化のために、誕生させた恐竜たちを、あえて滅ぼさないといけない。
進化と絶滅は表裏一体なのだ。

カブトガニ
Birthdays the Beginning_02-03

寒冷化が進み、マンモス誕生
Birthdays the Beginning_02-04

哺乳類の発生で、世界はより賑やかに
Birthdays the Beginning_02-05

●4章 文明の誕生と繁栄
最終章
人類の祖先「猿人」から、いよいよ「ヒト」の誕生。

人類の進化は「イヌ」との共生にあったらしい。
つまり「イヌ」無くして人類の進化もまた無かった、ということだろう。
Birthdays the Beginning_02-06

原人発生。
Birthdays the Beginning_02-06


「ヒト」つまり現代人を誕生させる。
Birthdays the Beginning_02-08

最後のミッション『「ヒト」の数を増やし文明を生み出す』
Birthdays the Beginning_02-09

文明と言いながら、内容は単に「ヒト」の数を増やすだけ。「文明」誕生までの過程は、条件やイベントを増やし、もう少し細かくシミュレートして欲しかった。作りこめば面白そうな題材だけに残念。

ということで、全4章クリア。

章ごとに設けられた5つの課題は、(トロフィー的に)全て無視しても問題無し。
トロコンを目標とするなら、「進化の種」「変異の種」はどんどん使って良い。

全生物キャプチャも、生物ツリーが全て開放された後にチャレンジしたほうが楽。
(ツリー開放後、元となる生物が既に絶滅していて、やり直しもありえるため)

生命誕生から現代(=人類の繁栄)までの過程を壮大にシミュレートした意欲作。
生き物たちが画面内で大量に、かつ滑らかに動きまわる。PS4だからこそ表現できた、賑やかで楽しい箱庭世界だった。
(一見、マイ○ラのように思われがちだが、中身は全く違うことを補足しておきたい……)

一通りストーリーモードが終わったので、次はやり込み要素である「全生物キャプチャ」のチャレンジへ。

  •  0
  •  0