fc2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

【回想】印象に残っている作品(2) CASTLEVANIA: LORDS OF SHADOW

印象に残っている作品② 

(2)CASTLEVANIA: LORDS OF SHADOW



2010年10月5日(日本では12月16日)発売。PS3タイトル。

トロフィー未コンプ。
「キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ」の海外版。

「キャッスルヴァニア」シリーズの前身「ドラキュラ」シリーズのファンだった自分は、「日本より早く発売される」という情報を嗅ぎ付け、例の海外ソフトを専門に扱うショップにダッシュ。

購入したのは限定版で、価格は約1万円。
青いクリアケースに収納された、持った時点でワクワクする、見た目にも豪華な作りのパッケージだった。
(限定版の写真を貼りたかったが、ネット上に無し……)

本作発売当時は、GOW(God of War)シリーズが世界的ヒットを飛ばした余波が、まだ家庭用ゲーム界に色濃く残っていたころ。
その影響は大きく、開発を海外メーカーに移した本作にも直撃。GOW=3Dゲームの教科書みたいな風潮がもろに現れた作品となった。

開発を海外メーカーに委ねたことにより、当然、作風も嗜好も海外ゲーマーに好まれるものへと移行。
ゴシックホラーと耽美路線を強く打ち出していた「ドラキュラ」シリーズとは趣を異とし、本作はマッチョのヒゲのおじさんが張り切る濃いゲームになってしまうことに。
GOWのコピーみたいな作風と、従来のイメージから脱却したゲームデザイン。
もちろんそれは事前に知っていて、良い意味での裏切りを期待し購入したのだが、予想通りの感想に2,3章でプレイを放棄。
最終的に放置する結果となってしまった。

ちなみにトロフィーは面白かった。
トロフィーそのものは国内と同じ扱いだが、のちに配信されたDLCは海外版のみの発売になってしまったのだ。
DLCにもトロフィーが設定されていて、これにより国内のプレイヤーのトロフィー取得率は92%で止まることになった。
(ゲームの難易度以外の要素で)いわゆる100%厨を泣かせたのは、このタイトルが初めてだったかもしれない。
DLCの国内での配信も考えられてたというが、ローカライズの問題で中止となったらしい。
なんとも中途半端な終わり方だ。

結局本作のパッケージは、引っ越しの際に、邪魔で捨ててしまった。
なにも捨てることも無かったかな、とちょっと反省している。

※蛇足
IGA氏の新作「Bloodstained」。期待してます。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:回想PS3

4 Comments

雑兵  

情報が多く、流行ってる物に一極集中しやすい昨今、こういうその人だけのマニアックめゲームの思い出話は読んでて楽しいです
「印象に残っている作品」の3回目以降も楽しみにしています。

余談ですが自分も昔秋葉のカオス館で日本未発売のGBA版クレイジータクシーとか買ってニヤニヤしてたクチです

2017/07/11 (Tue) 09:20 | REPLY |   

はらこん  

To 雑兵さん

ご無沙汰してます。
そう言っていただけると嬉しいです。ホントは色々と(PS以外にも)ゲームで書きたいことはあるのですが、一応ブログのトロフィーから脱線しない程度で書いていきたいと思います。

自分はカオス館と、今はもうなくなってしまったハリウッドに行ってました。日本未発売のタイトルを見つけるたびに、お~!!ってなったことを思い出しました。

2017/07/11 (Tue) 19:10 | REPLY |   

雑兵  

>ご無沙汰してます
憶えててくださったみたいで恐縮です、あんまり米しないですが記事は全部楽しく拝見してますよ

>今はもうなくなってしまったハリウッドに
懐かしいですねー、今も秋葉にはチョコチョコ行くんですがもうすっかり観光地化しちゃってて少し寂しいですね
「AKIBA'STRIP ZERO」とか言ってまだバスケットコート+献血車の頃の秋葉を探索する新作出てくれないかなーなんて

2017/07/12 (Wed) 08:14 | REPLY |   

はらこん  

To 雑兵さん

励みになります。
頻繁に更新は出来ませんが、またちょこちょこ書いていきます。

昔の秋葉原といえば、自分は今のキレイな駅ビルじゃなくて、建て直す前のアキハバラデパートのどんよりとした古びた建物の雰囲気が好きでした。特に1階のフードコートが好きで、休日はキジ丼(鳥丼)をよく食べてました。たまーにあの味が食べたくなるときがあります。

2017/07/12 (Wed) 17:51 | REPLY |   

Post a comment