fc2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

【191個目】Art of Fighting Anthology(龍虎の拳ですよ)

Art of Fighting Anthology(龍虎の拳 ~天・地・人~)



・ジャンル/格闘アクション
・開発/SNK
・販売/SNK
・発売日/2017年8月29日
・税込価格/ダウンロード版 $15.00

プレイ時間は約10時間
PS4専用。オンライントロフィー「無し」。北米PSN限定配信。国内版は無し(17/10/21現在)

■久々に海外専売タイトルをプレイ
90年代のアーケードゲーム市場を席巻した格闘ゲーム。
その代表的なシリーズのひとつである「龍虎の拳」全3作がカップリングされたタイトル。
先行して海外版がリリースされたので、一足先にプレイすることに。

■PS2版そのまま
PS4での配信だがアケアカシリーズでは無い。その実態は2006年にPS2にて発売された「NEOGEO コレクション 龍虎の拳 ~天・地・人~」そのもの。
要は旧作をPS2アーカイブ的に動かしているだけのようだが、実際にゲームの起動画面では「Play Station2」と表示され、溢れる手抜き感には思わず戸惑いを感じてしまう。
しかし本作は、旧作の移植にも関わらず珍しくプラチナがある。これはプレイせずにはいられない。

至高の名言もここから生まれた

■PS2版なので
ネオジオ初の100メガソフト「龍虎の拳1」。格闘ゲームブームが最高潮に達した94年発売の「龍虎の拳2(以後2)」。そしてそのブームが徐々に下火を迎えつつあった96年発売の「アート・オブ・ファイティング 龍虎の拳 外伝(以後外伝)」。
特に「1」と「2」の人気はブームも相まって大きく、どちらもSFCにも移植され、そちらを遊んでいたユーザーも多いだろう。


「乱舞」の概念を生み出した「1」


シリーズの中で人気No1の「2」

一方で「外伝」の人気・知名度は上記2作に比べると気の毒なほど低い。
格闘ゲームのマンネリ化・高度化が進み、ライトプレイヤーが寄り付かなくなったゲーセンで、「外伝」はひっそりと稼働し、そして消えていった。
他ハードに移植されることすらなかった迷作「外伝」だが、個人的にはなかなか面白いコンセプトの作品だと思っている。
説明するのは難しいのだが、例えるなら2D版「バーチャファイター」と言えば良いだろうか。攻撃でガードを揺さぶり、有利不利を読み、浮かせて高ダメージを奪う。勝敗は2Dゲームとは思えないほど速く決まるが、そのスピード感は紛れも無く3D格闘ゲームのもの。
キャラの性能差が激しく対戦ツールとしてはあまり良い出来ではないが、このシリーズが2、3と続いていれば良作が生まれたに違いない。

もう一息で名作になったに違いない

■トロフィーは
1、2、外伝全て終えてプラチナ1つ。
ネット対戦機能は無し。(PS2版にあったMMBB通信対戦は不可)従ってトロフィーにもオンライン系は無し。
CPUは鬼反応を見せてくるため、攻略にはパターンを覚えるのが必須。(それがネオジオらしい)

以下気になるトロフィーを幾つか
・全般
スペシャルステージとは「2」のギースステージのこと。CPU戦で1ラウンドも落とさずクリアすると最後にギースが登場する。
ラウンドを落としたら2コンで乱入すれば負けが無しになるので楽。

・竜のストーリー、虎のストーリー
最終戦だけ指定のキャラでクリアすればOK。

・その昔メキシコで…(Art of Fighting 3: 全てのプレイ可能なキャラクターでゲームをクリアする。)
シンクレア、ワイラーも対象。

■総括
価格は安く、コンプまでの時間は短め。プラチナ有りのブーストゲー。
一人用を淡々とクリアするだけだが、レトロゲーム固有の超反応&チート級なCPUにはパターンハメが必須。
PSN上でトロフィーリストを見ると「龍虎の拳 ~天・地・人~」と日本語表記になっているので、そのうち国内版もリリースされると思われる。

↑PSNで見ると日本語表記に

※参考(外部サイト)
Art of Fighting Anthology トロフィー一覧

評価(5段階)
プレイ時間 ★★★★★
コスパ   ★★★★★
スキル   ★★☆☆☆
攻略情報  ★★☆☆☆
面白さ   ★★★★☆


総合評価 18点 (25点満点)
関連記事
スポンサーサイト



Tag:トロコンレビューPS4短時間レトロゲー低価格ジャンル:格闘海外専用

2 Comments

シロマ  

PS2のオネジオコレクションはよく購入していたのでPS4で配信されるのは嬉しいし、プラチナトロフィー付きはお得ですね。
収録されている作品で一番面白いとのは外伝ですね。
グラフィックは滑らかに動き力が入っているし、藤堂香澄と不破刃の存在が魅力的なゲームでした。
2のギースと闘う条件の一本取られずにクリアはコンテニューはOKなのでコントローラー一個でも可能です。

2017/10/22 (Sun) 22:14 | REPLY |   

はらこん  

To シロマさん

このころのSNKはブームで築いた資金力をバックに色々頑張ってましたね~。記事にも書いている通り自分も「外伝」好きですし、同時期の作品で言えば斬サムも好きですね。
そういえばギース出現条件は、コンティニュー後にラウンド取られなければ条件継続でしたっけか(^^;

北米では餓狼コレクションVol2も配信になったようですが、そちらはプラチナ無しなんですよね。しかも1飛ばしていきなり2だし。統一感の無さが悲しい……。

2017/10/22 (Sun) 23:18 | REPLY |   

Post a comment