fc2ブログ
トロフィー評価一覧トロフィー(プラチナ無し)評価一覧

【102個目】真・三國無双7 Empires (PS3)(気持ち新たに)

真・三國無双7 Empires

•ジャンル/タクティカルアクション
•開発/オメガフォース
•販売/コーエーテクモゲームス
•発売日/2014年11月20日
•価格/ディスク:5,800円 (税抜)/6,264円(税込) ダウンロード:5,554円 (税込)

プレイ時間は200時間程度(実プレイ時間は100時間程度)
PS3版でのプレイ(トロフィーはPS4と共通)
オントロ無し。

■再び無双の日々
ご無沙汰していた無双シリーズがひさびさに帰ってきた。
「真・三國無双7 Empires」である。

従来の無双に戦略型シミュレーション要素がプラスされたEmpires(エンパイアーズ)シリーズ。シリーズ最新作「真・三國無双7」をベースに、無双シリーズの持つ爽快感と、三国時代に繰り広げられた虚虚実実の駆け引きを同時に味わうことができる一挙両得のタイトルなのである。

■と、褒めたいところだが……
一言でいうと中途半端。
随所で前作より粗末になっている場面が多く、正直これがフルプライスなのかと首を傾げたくなってしまう出来。製作面でコストカットを迫られてるのがひしひしと伝わってきて、プレイしていて思わず哀しみを覚えてしまう。

■シミュ部分の弱さが目立つ
前作から言えることなのだが、「売り」であるシミュレーションパートの楽しさが十分に伝わってこない。
パッケージを開けて説明書を手に取る。厚い。厚いのだ。シミュ版の本家・三國志を思わせる厚さに圧倒される方もいるだろう。
それだけやれることが充実している、ということなのだが、実際のゲームではどうだろう。使用するコマンドと言えば数種程度で、その繰り返しだけでクリアできてしまう。つまりほとんどのコマンドの存在理由がわからないのだ。
シミュレーション版三國志ファンとしては、ストラテジー部分をもう少し研究し、国獲りを巡る攻防の醍醐味を進化してほしいところ。(もちろんそれが無双ファンにマッチするかはさておく)

余談だが、バグ(現在は解消済み)はヤフーニュースでも取り上げられるほどの強烈なインパクトを残した。気になる方は画像検索してみると面白い。

■これからプレイする方に向けて
時限要素は無い。
とりあえず何度かプレイしてみて、その後にじっくりとトロフィー攻略に乗り出せる。
「数多の人生を経て」「人生の大先輩」「無双の先へ」あたりはゲーム上では管理できないので、手元にメモを用意してプレイすること。
ちなみに自分がプレイしていたころは「生き様」条件が出揃っていないときで、その模索に100時間ほど費やした。
(攻略wikiに情報提供されていた皆様、本当にありがとう!!お互いお疲れ様でした)

■総括
ゲーム自体は2~3周もすれば飽きがくる。それ以降のプレイは単なる作業。つまり「いつもの無双」である。

ゲーム的な評価で言えば、繰り返すが、断じてフルプライスを名乗れる出来ではない。
ゲーム業界を取り巻く環境が厳しいのは重々承知しているし、このご時勢に家庭用ゲームで勝負してくれる姿勢には頭が下がるが、それとこれとは別問題。

バグはともかく、「エンパイアーズならではの戦略性」を追求して、次作では本作の汚名を払拭するような作品の完成に期待する。

評価(5段階)
プレイ時間 ☆☆☆☆☆
コスパ   ★★☆☆☆
スキル   ★★★★☆
攻略情報  ★★☆☆☆
作業性   ★☆☆☆☆


総合評価 9点 (25点満点)

各項目の説明
プレイ時間・・・プレイ時間が短いほど高得点
コスパ   ・・・コストパフォーマンスがよいほど高得点
スキル   ・・・必要とされるスキルが少ないほど高得点
攻略情報  ・・・攻略に関する情報収集作業が少ないほど高得点
作業性   ・・・トロコンのためだけの作業が少ないほど高得点
関連記事
スポンサーサイト



Tag:トロコンレビューPS3PS4

0 Comments

Post a comment